2019年05月17日

2019年05月04日

AXE1 Extender Prototype

AX1のExtender、AXE1のプロトタイプの写真が送られてきました。AXE1の案が発表されて半年近くが経ち、その後どうなったのかなと気になっていましたが、着々と進められていたようです。

私の場合、移動するといっても近くの公園から日中の運用がほとんどです。AX1が40/30mに対応してくれると交信相手も探しやすいので、AXE1には期待しています。

HFマルチバンドホイップはいくつかありますが、AX1のいいところはコンパクトなところです。分解すると、コイル部分、ロッド部分、AXE1、いずれもKX2の横幅ぐらいになります。これならセカンドバッグやショルダーバッグにも余裕で入ります。帰省や旅行、出張にもKX2とセットで持って行きやすいと思います。

この時期ですから、ハムベンションで展示されるかもしれませんね。

5/14追記:
We hope to have the AXE1 available in late summer.



タグ:AX1 AXE1
posted by AMK at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Antenna

2019年03月17日

FSK D、PSK Dで送信できない文字(KY Command)

以前、「FSK D、PSK Dでセミコロンは送信不可」という記事を書きましたが、その続編、的なものです。

最近はパドル入力(CW-to-Data)でRTTYに出ることも多くなってきました。ずっと気になっていたのが改行です。相手は見づらいだろうなぁと思っていたのですが、簡単に改行を送信できないか検討してみました。パドル入力では無理なのでアプリを確認します。無線機はKX2 (MCU 2.89/DSP 1.52)です。

まず、AndroidアプリのKX3 CompanionKX3Mateでは改行は送信できなさそうです。両アプリはKYコマンドで送信していると思いますが、そもそもProgrammer's Referenceに改行についての記述がありません。テキスト以外についてはEOT (0x04)の記述がありますので、改行についても記述があっていいようなものですが…。

KX2 UtilityのTerminalではちゃんと改行も送信できますので、何らかの方法があるはずです。シリアル通信ターミナルソフトウェア(WindowsのTera TermやAndroidのUsbTerminal)で確認してみると、LF (0x0a)で改行してくれるようです(Line FeedだけでCarriage ReturnとLine Feedを送っているかどうかまでは未確認。DroidRTTYMMTTYでモニターしてみると復帰・改行しているので大丈夫だと思いますが)。

ついでに送信終了のEOT (0x04)も試してみます。KX2 UtilityのCommand TesterやTerminalではCTRL+Dの入力は出来ません。シリアル通信ターミナルで「KY RYRYRYRY^d;」(^dはCTRL+D)と入力すると、";"入力で送信開始、CTRL+Dのところで送信が終了しました。CTRL+Dなしの場合はアイドル時間(4秒)経過後に送信が終了します。

ここまではいいのですが、BAUDOTに対応していないコードを送ろうとするとどうなるか試してみると…なんだか無理矢理送ろうとしてるみたいです…。DroidRTTYで受信すると"#"は"$"に、"$"は"#"になります(どちらもBAUDOT (ITA2)にはない文字です)。MMTTYで受信すると"$"は"h"になって"#"はデコードしません。送信しない文字もありますし、"|"に至ってはその文字を含んでいるとKYコマンドが無効になるようです。
このあたりはアプリでガードする必要がありますね。KX2 Utilityでは"#","$","&"以外(?)はガードしているようです。

そしてさらに致命的な問題が。
The following keyboard characters are mapped to CW "prosigns":
  ( KN   + AR   = BT   % AS   * SK   ! VE
Programmer's Referenceのこの記述、KX2 UtilityではCW選択時のみ表示されていますのでてっきりCWの時だけだと思っていたのですが、RTTYでもしっかり変換してしまいます…。ということはBAUDOTがサポートしている記号、"("と"+"が送信できません。KNとARに変換して送信されます。
また、Programmer's Referenceには記述がありませんが、KX2 Utilityでは(CW選択時)、"_ AA" と表示されており、試してみると"_"は"AA"が送信されました。

PSKも各記号が kn ar bt as sk ve aa のように小文字で送信されます。

ということで、KYコマンドでRTTY/PSKを送信しようとすると、
 "_", "(", "+", "=", "%", "*", "!" → 2文字に変換される
 ";"(以降) → (送信開始〜)送信終了(アイドルあり)
 "|"(を含む文字列) → KYコマンド無効
 EOT (CTRL+D, 0x04) → 送信終了(アイドルなし)
 LF (CTRL+J, 0x0a) → 復帰・改行(CR/LF)
 その他のサポートしていない文字 → 無保証
ということになるようです。
posted by AMK at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | KX2/KX3

2019年02月24日

Elecraftからの発送方法

Shipping methodの選択肢からUSPS Priority Mail InternationalとUSPS First Class Mail Internationalが無くなっているみたいですね。
小物であればUSPS First Class Package Internationalも出てきましたが(First Class Mail Internationalより高くて、Priority Mail Internationalより少し安い程度?)、大きいものだとUPS ExpeditedとUPS Worldwide Saverの2択のようです。

USPSのInternational Mail Services:

posted by AMK at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Misc.

2019年01月06日

50MHzで沖縄

1/3の朝9時半すぎから30分ぐらい、今日は14時半ぐらいから1時間ほど、50MHz SSBで石垣市が聞こえていました。比較的長時間、RS59でした。今日は宮古島市移動も少し聞こえました。石垣市からは1/2だったかを除いて連日オープンしているとか。この時期に珍しいなと思ったのですが、しぶんぎ座流星群の時期でしたね。

タグ:50MHZ
posted by AMK at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Misc.

2018年12月16日

KX2/KX3: FMの設定

KX2/KX3を使った29MHz FMの交信はまだ一度も経験がないのですが、設定を忘れがちなのでメモ。

ナローFM: FM DEV 5.0
スーパーナローFM: FM DEV 2.5

レピーターの設定: KX3 KX2


タグ:FM 29MHz
posted by AMK at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | AM/FM

2018年12月02日

AX1受領&初使用

Receipt
注文殺到でなかなか出荷されなかったElecraft AX1ですが、10/17夜に注文して、11/17朝(JST)に発送連絡メールが届きました。First Class Mail Internationalなのでトラッキングは不可、目安としては2週間以内。トラッキングが出来ないのは、日本での扱いが定形外だからのようです。と思っていたら、実際には「国際特定記録」というものになっていて、最後までトラッキングできました(USPS & JPで)。定形外と同じく、郵便受けに入るならそこへ、入らなければ手渡しのようで、玄関まで直接持ってこられましたがハンコは不要でした。11/26昼に受領しましたので、10日弱ということになります。Priority Mail Internationalだと目安は10日以内、実質5日から1週間ぐらいなので、まぁそれほど急がなければ1st class mail int.でもいいですね。

AX1
注文したのはAX1(ロッド+コイル+ラジアル)、AXB1(二脚+L型BNCアダプタ)、AXT1(三脚用アダプタ)、ATW1(予備のロッド)です。

AX1はロッド部(約16cm)とコイル部(約15cm)に分けると、KX2の横幅(BNCコネクタを含めると約16cm)と同じぐらいになりますので、徒歩移動には便利です。

ちなみに最初手にした時は、コイルはカバーの部分がぐらぐらしていてスイッチが基板ごと左右にぐらついていました。まぁアメリカ製だしこんなもんかなぁと思っていたのですが、上下の部分をひねるときっちり固定できました。

AXB1
L型BNCアダプタのギザギザの部分にAXB1をはめ込むのですが、結構力を入れる必要があります。外す時は下にずらすのですがこれもそれなりに力が必要です。で、AXB1の白い部分、ここはプラスティック製なのですが、BNCアダプタのギザギザで削られて、削りかすができてしまいました。大丈夫かこれ…。

AXT1
AXT1は手持ちのカメラ用の三脚だとBNCコネクタが三脚本体に当たってしまうので、安価なミニ三脚を購入しました。こちらは干渉はしませんが、雲台の部分がしっかりしていなくてちょっと不安定。まぁこれは三脚側の問題ですね。ラジアルケーブルをKX2本体ではなくAXT1につなぎたい場合は、クリップで挟むとか、ワニ口クリップを使ったラジアルケーブルを用意するとか、あるいは#4-40のネジ穴がありますのでこれを利用するのもいいと思います。

ATW1
ATW1は別になくてもよかったのですが、必要になった時に単体で買うと送料がそれなりにかかりますので、念の為にまとめて注文しておきました。というか、オーダーページに出ていたのでついまとめて買っただけなのですが。それよりラジアルケーブルが複数欲しかったですね。まぁ結果的に付属のケーブルはイマイチだったので注文しなくてよかったのですが。

Ham Radio Go Case
さて、今日の11時すぎ、そのAX1とKX2を持って、近所の公園で移動運用してきました。KX2、KXPD2、予備のKXBT2、AX1、AXB1、AXT1、ラジアルケーブル、ミニ三脚(15cm弱)がCS60に入りました。いつもホイップアンテナの扱いに困っていましたので、これは嬉しいですね(今回は持っていきませんでしたが、ノートPC用のミニマイクと延長ケーブルも入りますのでフォーンの運用もできます)。

QRV & ...
背もたれのないベンチにまたがって、KX2とAX1/AXB1、ラジアルケーブルをセッティング。しようと思ったら、ラジアルケーブルがくるくるした状態からなかなか解けず、まっすぐになりません。仕方がないのでベンチの近くに置く感じに。そのせいか仕様では14MHzはATUなしでも使えるはずですが、SWRが高すぎてATUが必須でした。CWバンドをスイープしてみるとBVやBYが聞こえます。他のバンドはどうかと思って試してみましたが、7/10MHzはチューニング取れず、18/21MHzはチューニングは取れましたがコンディションが悪く何も聞こえませんでした。

14MHzに戻って早々、JD1BOIが聞こえたのですぐにコール。"?"が返ってきました。再度呼ぶと応答なし。あれ?と思ってもう1回打ち直すと、J*3*までコピー。その次でフルコピーしてもらえました。Sメーターは6-7、出力は5Wです。過去の経験では、5W+ホイップだと、S9の局でないと交信は難しかったのですが、パイルがなかったことと、相手の耳に助けられて交信できました。交信が終わった後、"/3"を付け忘れたことに気づきましたが、住所と同じ市ですし、まぁいいでしょう(笑)。同じエリア内なら付けなければならないというわけでもありませんし。

そしてその直後、カメラ(たぶんフィルムカメラ)を首からさげている知らないおじいさんに声をかけられました。なんだろうとドキドキしながら返事をすると「横顔を撮らせてもらっていいですか」と。無線運用風景の被写体になりました(笑)。以前にもカメラおじさんに声をかけられ、写真仲間に無線をやっている人がいるそうで、しばらく話をしたことがあるのですが、このおじいさんはあまり口数が多くなく、もしかして結構勇気を出して声をかけてくれたのかなぁと思ったり。写真雑誌に投稿するような話はなかったのですが、もしそれっぽいのを見かけたらコメント欄で教えてください(笑)。

その後、14.060MHzでしばらくCQ QRPを出してみましたが、全く呼ばれず。BV/BYも聞こえなくなり、陣取ったところが木陰だったので(付近で陽のあたるところは先客が)寒いし手も冷たいので、運用時間としては20分ぐらいで終了しました。


タグ:AX1 CS60
posted by AMK at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | KX2

2018年11月17日

AXE1

ようやくAX1の発送連絡メールが届きました。今回はPriority Mail InternationalではなくFirst Class Mail Internationalにしましたので、少し日数がかかります。早く移動運用で使ってみたいものです。

AX1は20/17/15m用ですので、ハイバンド好きの私としては12/10mが未対応、また日本だと国内と交信しやすい40/30mも未対応、というのが(どちらもATUで対応できるでしょうが)物足りないと思っていたのですが、今朝こんなメッセージが流れてきました。


ぜひとも製品化して欲しいですね。もちろんWayneにはメールを送っておきました。

タグ:AX1 AXE1
posted by AMK at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Antenna

2018年10月19日

KX2/KX3 Carrying Case

KX2用のCS40/CS60は実はLoweproのカメラバッグですが、CS60はエレクラフトのロゴが入って型番がES60に変わっていました。
またKX3用にES80も追加されています(おそらくLowepro ViewPoint CS80でしょうね)。CS40はそのままのようです。


追伸
そういえば日本のLoweproのサイトからビューポイントCS**がなくなっていました。アメリカのサイトにはまだ掲載されていました。日本のアマゾンではまだ流通があるようですので、ロゴ(Lowepro or Elecraft)にこだわらなければ早めに入手しておいたほうがいいかもしれません。個人的にはES60が欲しいのですが送料を含めるとコストパフォーマンスがちょっと…です。
タグ:CS40 CS60 CS80 ES60 ES80
posted by AMK at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Misc.

2018年10月18日

AX1 Multi-Band Whip Antenna

AX1(99.00USD)が注文できるようになりました。

20/17/15mのホイップで、17/15mはチューナー必須です。ラジアルが附属しています。個人的には30mにも対応して欲しかったところです。

分解するとロッド部分が15cm、コイル部分が15cmですので、なんとかキャンリングケース(CS60)に入りそうなサイズです。

オプションは三脚用アダプターAXT1(24.95USD)、KX2/KX3にL型BNCコネクタで直結して運用するための二脚ATB1(31.95USD)、交換用ロッドAXW1(9.95USD)があります。

追記:


10/19追記:
サイトリニューアルでURLが変わっていました。
タグ:AX1
posted by AMK at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Antenna